前へ
次へ

有給休暇の取得が義務付けられます

働き方改革の目玉として、本年度から年5日以上の有給休暇の取得が法律で義務付けられることとなりました。
これは働き方改革法案の成立により、労働基準法が改正され、2019年4月から実施されます。
違反した企業には罰則が課せられる強制的な法律となります。
有給休暇の5日以上の取得が必要な対象者は、年に10日以上の有給休暇の権利がある全従業員です。
週2日以下の勤務のパート社員は、年間の有給休暇が最大で7日なので対象にはなりませんが、10日以上与えられた派遣社員やパート社員もすべて対象になります。
この法律は、人手不足で悩んでいる中小企業にも猶予期間はなく、全企業で一斉に適用されます。
この法律を守るためには、全社員一斉の有給休暇取得日をもうけたり、計画年休の制度を取り入れるなどの管理が必要となります。
各社で事情は異なるでしょうが、日本人の働きすぎを防止するには必要な法律でしょう。
どの企業も、従業員がたっぷり休みを取っても、生産が上がって利益が生み出せるような改善が早急に必要になります。

みんなが家を建てる時に依頼した業者はこちら

おか 歯科 クリニック 名古屋市 名 東区 の歯医者

忙しい毎日から少しでも解放されたいなら
茶道教室で静寂な時間を過ごしましょう

労災事故を徹底サポート
保険で資金面を支えさせていただきます

次亜塩素酸ナトリウム水に眠る力を引き出す
ユニフォードエンジニアリングが開発した供給システムの性能をご覧ください

Page Top