前へ
次へ

一般常識が通じなくなっている世の中

今まで法律として制定されていなかったことも今はキチンと法制化をしなければいけなくなりました。
当たり前だと考えていたことが段々おかしくなってきているのかもしれません。
ハラスメントに関する法律がまだ制定されていませんが、常識的に考えて他人を傷つける行為であることを認識できていない人が多いということになっています。
自分がされて嫌なことは他人にはしない、というのは子どものころに身に付けるべきことですし、小学校の道徳の授業でも基本中の基本になっています。
それが分からない、理解できていない人が多いというのは、人として大切な部分が欠如している人が増えてきているということなのかもしれません。
子どもに対する虐待も同じです。
やってはいけないことなのに、命を奪うというところまでいってしまう。
もしかしたら虐待の加害者も幼少期に同じことをされていたのかもしれませんが、それでもやってはいけないことだと分かっているべきでしょう。

Page Top