前へ
次へ

行動規範のよりどころとなる法律

私たちが日本で安全に安心して暮らしていけるのは、生活する人の共通する法律が存在しているから、といえます。
誰かが危険を脅かすような行為をした場合、その法律を運用している国が何らかの形で助けてくれる、という思いがあるからこそです。
不法に侵入したり、略奪行為をした場合、警察を中心とした機関が、違反者を逮捕、取り締まってくれると考えているからです。
逆に、これらの警察を中心とした機関は、そういった悪質な行為をさせないための抑止力としても働いており、存在自体で平和な世の中を作っています。
また、災害などで援助が必要になった場合など、国が何らかの助けを準備してくれる、という思いを抱かせてくれるのも、法律で定まっているからこそなのです。
法律が整っていない海外の国などでは、独裁勢力の思いのみが基準となっていることも少なくなく、都度、判断が変わる可能性があります。
こうなると、前回は大丈夫だったことが次回は取り締まりの対象になるなど、安心して営みを行えなくなるのです。

Page Top