前へ
次へ

解決が難しくなってきている問題

職場でのハラスメントで精神を病んでしまう人も増加をしています。
それだけではなく、最悪命を絶ってしまう人もいます。
社会的な問題になっているにも関わらず、法律としてハラスメントに対する罰を与えるものがありません。
将来的には法制化をするのかもしれませんが、今でも多くの人がハラスメントによって命を奪われているということは事実です。
もしもハラスメントに関する法律ができるのであれば、ストレスから精神を病んでしまう人も少なくなるかもしれません。
企業の中にはハラスメントを防止するための専門部署を設けているところもあります。
しかし機能していない企業のほうが圧倒的に多いそうです。
ハラスメントが起きてもそれを隠ぺいするための隠ぺい工作をする専門部署になっていることも多いです。
しっかりと法律で禁止をしてくれるのであれば、多少は変わるかもしれませんが、難しいかもしれません。
加害者は自分がハラスメントの加害者になっていることに気付いていないことが多いようです。

Page Top